治験の概要

治験というのは治療の臨床試験を略した言葉で製薬会社や病院などが薬の効果を検証するために行われているものです。
この治験は4つのフェイズに分かれています。


フェイズ1


1つは体に害がないか、または体に関する影響はあるかを調べていくフェイズです。
この段階では薬の摂取限界量を調べたり、副作用がないかを調べていくことになります。
この段階に入っていく前に動物での実験がされているのでほとんど問題になることはなく安定して行われます。


フェイズ2


2つ目は軽度の患者を対象としたものです。
薬で解決できる病気を持っている人に試験的に薬を試してもらい、症状の改善であったり、効果の検証をしていくというものです。


フェイズ3


3つ目は患者を対象にした実験を幅広く行います。
薬によってはアレルギー反応であったり、特定の条件の人には副作用が併発してしまう場合がありますので、そういった問題を探っていくものです。


フェイズ4


4つ目は実際に薬を販売して、調査をしていくといきます。
実際と同じような販売環境にしておくことで問題に対して対応していくというものです。
この段階まで来るとほとんど治験は完了しており、ゆっくりと製薬が認められていきます。



治験は新しい薬を作っていくうえで欠かせない必要な作業ともいえます。