治験の報酬について

治験でもらえる報酬はアルバイト代金などではなく負担軽減費と呼ばれるものになります。
実はもともと治験というのはアルバイトではなく、ボランティアの一環で行われています。
そのため、報酬というのではなく、治験をしてくれた分の負担を代わりに負担するというのがこの負担軽減費となってきます。


負担軽減費は副収入


この負担軽減費は副収入として扱われていきます。
そのため、負担軽減費を含む副収入が20万円を超えると税金の管理をしていかなければなりません。
また健康な人を対象とした治験であると1回の治験で20万円を超えてくるケースもあるようなので金額の計算を行っていくことが大切になってきます。
金額さえ計算しておけば税務署に相談に行くことで教えてもらうことができますが、金額がわからなければ税務署の人も対応ができません。


支払いの仕方


また治験の負担軽減費の支払いは試験の種類などによって変わってきますが、基本的には手渡しで支払われる場合が多いようです。
また他にも振り込みによって行う場合であったり、段階ごとに支払いをしてもらえるケースや、分割での振り込みなど様々なケースがあるので不安に思う人は治験を始める前に聞いておくことが大切です。
しっかりと治験での報酬については調べていくことが必要です。